ニート&引きこもり経て見事社会復帰した人まとめ

2019年9月17日


 

生活に役立つおすすめ商品まとめ!

 

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000

 

 

 

【2020春限定】SALONIA サロニア ストレートアイロン

 

 

 

第二世代 完全ワイヤレスイヤホン TWS-520 

 

 

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー ES-LV7D-T

 

 

 

Vellope (ベロープ) 鼻毛カッター

 

※画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します

 


 

 

 

今回は「ニートやひきこもりを克服したい!」という人向けに

 

 

ニートや引きこもりを見事克服し成功した有名人やニートから社会復帰を果たした私の知人などについて紹介していきたいと思っています!

 

 

「少しでも状況をよく変えたい!」という人の役に立てれば嬉しいです。

 

ニート&引きこもりを見事脱出した方法!

 

 

①「このままじゃダメだ」という危機感から引きこもりを脱出したケース

 


 

 



2008年 髭男爵の「ルネッサ~ンス」というネタが大流行しましたよね。

 

 

髭男爵とは「ヒグチカッター」を連発する樋口君髭を生やしている山田ルイ53世で構成された漫才コンビの芸人さんです。

 

 

実はこの山田ルイ53世である山田順三さんはひきこもりだったことを公言しています。
あんなに明るくテレビで活躍されている方がひきこもりだったとはびっくりです。

 

 

山田さんは多感な中学生の頃に教室でうんこを漏らしたことをきっかけにひきこもりになったと言われています。ひきこもりは中学二年から二十歳まで続きます。

 

 

ですが十八歳のときに見た成人式をきっかけ「このままじゃダメだ」危機感を感じ大検を目標に猛勉強を始めたそうです。結果、愛媛大学に合格します。

 

 

 

私はこのケースはかなり稀だと思っています。
長年ひきこもりやニートをしていると現状にすっかり慣れてしまい新しいことをするのに臆病になるからです。

 

 

後々大学は中退してしまいますが芸人の道に入り紆余曲折を経た後、見事大ブレークに成功します!

 

 

 

 

 

 

 

②「自身の適性」を見つけ、磨いたことでニートから社会復帰したパターン

 


 

 


 

 


・友人Aさん(仮名)

 

Aさんは私が大学を中退して入った職業訓練のプログラミングコースで出会いました。
プログラミング歴は私とさほど変わりませんでしたがものすごくコードが書ける方でした。

 

 

初心者である私たちがif文を勉強しているときに、既にAPIを取得したYoutubeのアプリを一人で作り上げるほどでしたので、そりゃあ凄まじかったですね。(バスケで例えると同じ初心者なのに、横で一人だけダンク決めてる感じ)

 

 

 

クラスで一番成績が良かったAさんは職業訓練ですから就職活動をすることになったのですが、(ニート期間が長いにも関わらず)あっさり就職して旅立ってしまいました。

 

 

 

結構ありふれた話のようにも思えますが、実はAさんは大学を中退しており就活する際そのことについて結構気に病んでいました

 

 

 

面接を受けたときAさんの他にもう一人別の方がいてその方がものすごく高学歴(東京有名私大)だったものですからAさんは誰が見ても落とされるはずでした。(自分でも学歴に差がありすぎると言っていました)

 

 

 

しかし、Aさんの成果物を見せると社長は大変驚いたみたいで一週間後には正社員としての採用が決まり無事ニートから社会復帰を果たすことが出来ました。

 

 

 

Aさんのように「人付き合いが苦手」ということを考慮した上でそれに合った適性を見つけ磨くことでニートを見事克服したケースもあります。

 

 

ニートである期間に自分の適性を探してみるのをぜひおすすめします!

 

 

 

 

③周りの人に助けてもらいニートやひきこもりを克服したパターン

 


 

 



いじめによる他人の悪意からひきこもりになってしまうものの
周りの人の好意や助けによりニートを克服した方も多くいらっしゃいます。

 

 

芸人である「なだぎ武」さんは中学時代、壮絶ないじめに遭い(便器に顔を突っ込まれたり、弁当に砂をかけられるなど)ひきこもりになってしまいます。

 

 

しかし、ひきこもっていた間に見た映画「男はつらいよ」に感銘を受け鹿児島に一人旅に行きそれ以来、毎年一人旅に出かけるようになります。

 

 

 

そんなある日、「なだぎ武」さんは一人旅の途中に食中毒で倒れてしまいます。

 

 

 

しかし、周りの優しい人たちの助けによって無事元気を取り戻すことに成功します。


暖かい人たちの善意に触れたおかげで、いじめよる傷が癒されたと「なだぎ武」さんは後日語っています。

 

 

 

「悪い人もいるけど中にはいい人も必ずいる」ということですね。

 

 


 

まとめてみると

 

・「このままじゃダメだ」という自分に対する危機感から引きこもりを脱出したパターン

 

・ ニートの間、自身の適性を見つけ磨いたことでニートから社会復帰出来たケース

 

・ 周りの人に助けてもらいニートやひきこもりを克服したケース

 

 

 


 

いかがでしたか?

 

こうしてみると「ニートやひきこもりを脱出するきっかけとなったターニングポイント
存在することがわかります。

 

 

ターニングポイントでいかに行動できるか」がニートを脱出する上でになりそうです!

 

 

いつターニングポイントが来ても行動できるように様々な所にアンテナを張っておきましょう!