ニートが迎えてしまう末路とは・・・?

2019年9月17日


 

より良い自分になるために役に立つ本まとめ!

 


 

 

 

※画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します

 

 

INFPが、ある本に出会ってから劇的に人間関係が楽になった

 


 

ニートが迎える末路3選

 

前回はニートが長期化すると人生が詰む理由についてご紹介しました。

 


今回はニートが長期化して周りに誰もいなくなった時
ニートはどうなってしまうのか、つまり「ニートの末路」について
まとめていきたいと思います。

 

 

「すべてのニートがこうなる」という訳ではありませんので注意してくださいね

 

 

 

 

 

 


 

 

 

・仕方なく社会に出て働く

 

金銭的に頼る人がいなくなってしまった場合
家賃や食費のために嫌々社会に出て働く高齢ニートもいます。

 

スキルや経歴がまったくないので、どうしても
肉体労働や単純作業系のバイトが多くなります。

 

年をとりすぎてしまったせいか体がついていかなくなり
周りから怒られながら仕事を覚えていくことになるかもしれません


今まで誰かに怒られることが少なかったニートにとって、この部分は非常に辛いと思います。
それもそのはず今まで自分が一番だったのに社会に出ると一番下っ端になるからです。

 

耐えられなくなってしまっても、もはやニートになることも出来ず
過去の自分を悔いる日々が続くかもしれませんね

 

 


 

 

・生活保護を受け施設に入所する

家賃を払えるくらい自分で稼げる場合は問題ありませんが
家賃を払えず、家を追い出されたしまった場合の選択肢は二つしかありません

 

「ホームレスになるか」「生活保護施設に入所するか」どっちかです
仕事を辞めて、生活保護を頼りに区役所に行く方が多いですが

 

生活保護だけでは、到底一人暮らし出来ません(約月6万)
月6万で家賃と食費とすべてを賄うのは不可能に近いでしょう。
ですので仕方なく生活保護を受ける施設に入所することになります。

 

生活保護は集団生活になりますので、今まで気楽に一人で生活していた人には
合わないことが多いです。

 

こんな集団生活を続けるくらいなら「ホームレスになった方がマシ」という方も中にはいて
施設から抜け出し自らホームレスになる人もいます。

 

 

 

 


 

 

・ホームレスになる

 

 

ついにこの段階に来ました。再びニートになりましたね
毎日風呂はもちろん、食べるものも確保できない日々が続きます。死ぬまでです

 

夏は暑く冬は寒い外で365日過ごすことになります。
永遠の自由を手に入れましたが死ぬまで苦労すること間違いなしです。

 

ここまで来ればある意味ニートを貫いたといっても過言ではありません。
他人から干渉されず、一人になれるという意味ではニートと変わりませんが、

 

すべて自分で解決しなければ生死に関わるというのはニートとホームレスの大きな違いですね

 


 

 

 

いかがでしたか?

 

 

ニートの末路は悲惨だということがわかりました。
今までの楽してきたツケが何倍も跳ね返ってくる感じですね。

 

 

私もそうですが、何でも経験しないと気が済まない人は世の中に一定数存在すると思いますが
さすがにニートの末路をたどることに関しては遠慮したいですね。

 

 

ホームレスになりたいという人以外は
高齢ニートになって上記の末路をたどる前に何か手立てを講じるべきです!!(軽い感じで言っちゃってますが・・・)

 

 

次回はシリアスな記事が当分続いたのでニートが幸せを感じる瞬間ベスト3の紹介をしていきたいと思います!

 


 

より良い自分になるために役に立つ本まとめ!

 


 

 

 

※画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します

 

 

INFPが、ある本に出会ってから劇的に人間関係が楽になった