NETFLIXおすすめ映画ランキング【TOP5】

2020年1月11日


 

生活に役立つおすすめ商品まとめ!

 

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000

 

 

 

【2020春限定】SALONIA サロニア ストレートアイロン

 

 

 

第二世代 完全ワイヤレスイヤホン TWS-520 

 

 

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー ES-LV7D-T

 

 

 

Vellope (ベロープ) 鼻毛カッター

 

※画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します

 


 

 

 

本日は「NETFILX契約したけど数多すぎて何見たらいいのかわかんないー」という人向けに
おすすめ映画ランキングTOP5を紹介していきたいと思います。


※2017年7月の時点ですべてNETFLIXで見ることが出来ます。


膨大な数の映画の中には名作もあれば勿論駄作もあります。
私みたいにあれこれ全部見て時間を浪費したくないですよね。ですので今回はこれだけは自信を持っておすすめ出来る映画5つもってきました。


私が紹介する映画はあくまでも感動出来る要素もあって面白い映画です。
単純に目が楽しい映画ならアクション系になるので戻るボタンをポチっと押してくださいね

 

さっそくいきましょう!

 

NETFLIX「見たい映画がない!?」という人向けの おすすめ映画ランキングTOP5

 

 

5位 手紙


 

 


2006年に東野圭吾さんの小説を映画化したものです。

 

結論から言うと玉山鉄二さんの可哀そうな演技が上手すぎるの一言に尽きます(笑)玉山鉄二さんじゃないとここまで泣けなかったと思います。


キャストは他にも沢尻エリカさんや山田孝文さんなどが出てますね。この映画の素晴らしい所は人物の感情描写だと思います。
それぞれ正しいと思って選択した道が実に残酷な結果を招いてしまうのでより悲しいと感じるのかもしれません。

 

最後の山田孝文さんが桜の道を歩くときの表情は名演技そのものですよね。邦画はあまり見ない方ですがこの作品は大変楽しめました。犯罪者を持つ家族の生き様をリアルに描いているので「差別」とは何かを考えさせられる作品でもあります。

 

ちょっと気になったのは沢尻エリカさんの関西弁くらいですね(笑)「めちゃ⤴大事やん⤵」はちょっと笑ってしまいました(笑)ですが、それ以外の沢尻さんの演技は素晴らしかったです。

 

俳優陣や作品が上手く組み合わさったいい作品だと思います。たまてつサイコー!という方におすすめです。

 

 

 

4位 チング(友へ)


 

 


2001年に韓国で公開された映画です。

 

チングは韓国語で友達という意味で幼馴染であるサンテク、ジュンソク、ドンス、ジュンホは大きくなるにつれてまったく違う道に進んでしまいます。

 

特に葬儀屋の息子であるドンスやヤクザの息子ジュンソクの関係は要必見です。友情とは何かを考えさせてくれるいい作品だと思います。

 

普通に生きていくうえで友情を大切にするのは簡単ですが、極限の状態に陥った時はどうなるかわかりませんよね。最後までドキドキしながら見ました。日本でも有名なチャン・ドンゴンさんが出てる作品だけあって演技力は申し分ないです。

 

チャンドンゴンが格好良すぎてついつい最後まで見ちゃったっていうのもあります(私はゲイではありません)果たして4人の友情はどうなってしまうのか?気になる方はぜひ見てくださいね。ヤクザものが好きな方にもおすすめです。

 

 

3位 8mile


 

 


8mile(エイトマイル)は2002年にアメリカで公開された有名ラッパーエミネムの半自伝的映画です。eminem(エミネム)という名前はみなさん一度は聞いたことあるのではないでしょうか。

 

ラッパーであるエミネムさんですが、半自伝的な要素もあってか映画内の演技力は俳優の引けを取りません

 

ふとした時の眼つきやとげとげしい感じはまさに貧困街を生き延びた男!と思わず納得してしまいます。そこら辺のアイドルが棒読みしている映画とは一線を画しています。というか格が違います。エミネムはこの年映画の主題歌である「Lose Yourself」でアカデミー歌曲賞まで受賞しちゃいます。

 

映画の名前でもある8mileとは貧困街と富裕街を分けるラインのことでジミー(エミネム)は貧困街から富裕街にラップを通して成り上がりたいという野望を持っています。

 

ですがラップは黒人がやるものという偏見から白人はよそ者扱いされエミネム結構バカにされちゃいます。そのことを劣等感として抱えているせいかジミーはいつもステージ上で上手くラップをすることが出来ません。

 

そんなジミーが果たして最後はどうなるのか?というのが見どころですね。ひとつ言えるのは人間味あふれるジミーやその友人たちです。完璧な人間などいないようにみんなそれぞれの悩みを抱えながらも、がむしゃらに夢を追っていく姿に思わずジミーがんばれ!と応援する気持ちになります。

 

 

 

2位 グッド・ウィル・ハンティング


 

 


1997年に公開された知る人ぞ知る名作です。
アカデミー賞やゴールデングローブ賞など数々の賞を総ナメしたことでも有名ですよね。

 

映画のあらすじとしては幼いころ虐待を受けていた主人公ウィルはトラウマのせいか人に対して心を閉じてしまいます(友達以外)。100万人に1人という天才的な頭脳を持ちながらも才能を活かしきれていない彼の心を開こうと大学の教授であるランボーは心理カウンセラーをウィルにつけます。

 

 


ですがウィル、まさかのカウンセラーを全員返り討ちにしてしまいます(笑)そんな矢先にランボーの古くからの友人であるショーンがウィルの担当を受け持つようになりますが果たしてウィルは心を開くようになるのでしょうか?というのが映画の見どころになります。

 

この映画の凄い所は、見ている内になぜか自分もカウンセリングを受けているような気分になることです。人から傷つけられた経験をどのように主人公が克服していくのか気になる方はぜひ一回見てみるのをおすすめします!

 

 

1位 最強のふたり

 


 

 


 

出ました。

 

2011年フランス映画賞を総ナメした伝説の映画です。
映画好きな人ならもう既に見ているという方も多いと思います。それくらい認知度は高めです。

 

今まで見た映画で一番面白かった映画は何か?と言われればこの作品が真っ先に思い浮かびますね。海外特有のブラックユーモアを全然理解出来ない私でも不思議とこの作品は笑えます(笑)

 

あらすじは体が不自由なお金持ちの世話を焼くドリスという男性の話なんですが、このドリスが面白すぎます(笑)体が不自由なフィリップをからかいまくるのは当たり前で、やりたい放題します。気難しいフィリップでもドリスの前では心を開くのでドリスの魅力は恐るべしですね。

 

最初から最後まで面白い作品も珍しいですがこの作品は本当に面白いのでまだ見てない方はぜひおすすめします。

 

 

 

 

いかがでしたか?
1回みた映画は見ない主義の私ですら上記の作品だけは何回も見ています。

 

注意点としては上記の作品すべてややエロいシーンがあるので一人で見ることをおすすめします(笑)