PE html>xserver フォルダをまとめてアップロードする方法 | MBTI研究所

xserver フォルダをまとめてアップロードする方法

2019年9月17日

こんにちはにとすです

 

xserverにはファイルマネージャーという機能がありますよね

 

 

ファイルをサーバーにアップロードしてくれる便利な機能ですがファイルをまとめてアップロードしたりフォルダをアップロードしたりは出来ないようになっています

 

いちいち100個もファイルアップロードとかやってられないですよね

 

 

そういう方のためにフォルダをまるごとサーバーに転送してくれる方法を紹介します

 

 

FileZillaダウンロード編

 

まず

 

filezillaというFTPソフトをダウンロードしていきます
フォルダやファイルをサーバーに転送してくれるソフトです

 

 

https://filezilla.softonic.jp/download

 

 

上記のサイトでダウンロードできます

 

 

FTPアカウント作成編

 

ダウンロードが終わったら次はxserverでFTP用のIDを作成します

 

 

xserverのサーバーパネルに移動➜FTPアカウント設定

 

 

 

 

ドメインが複数ある場合は使用するドメインを一つ選び、選択するを押します

 

 

 

 

 

FTPアカウントの追加を押します

 

 

 

 

FTPアカウントの追加を押すと以下の画面が出てくると思います
※セキュリティーの観点から黒色の部分で伏せている部分があります

 

入力する箇所はFTPユーザーID(必須)、パスワード(必須)、接続先ディレクトリ―(任意)、FTP容量(任意)になります

 

接続ディレクトリーとFTP容量は特別指定したい事がない場合はデフォルトの設定で大丈夫です

 

 

 

 

すべて入力したらFTPアカウントの作成(確認)を押します

 

内容をチェックしてFTPアカウントの作成(確定)を押せばFTP用のアカウントが新たに作成されます

 

 

FTPアカウントを作成したのでfilezillaでログインしてみます

 

 

FileZillaログイン編

 

 

filezillaでログインするにはホスト(H)、ユーザー名(U)、パスワード(W)、ポート(P)が必要になります(以下の画面)

 

 

FilzZillaのどこの部分がさっき作成したFTPアカウント設定にあたるのかを整理してみると

 

FileZilla              FTPアカウント設定

 

ホスト(H) = ドメイン名 (赤色の①番が指している設定対象ドメインを打ち込めばOKです)

ユーザー名(U)= FTPユーザーID

パスワード(W) = パスワード

 

 

 

です

 

 

 

例えば設定対象ドメインがyahoo.co.jpでFTPユーザーIDがhogehogeの場合
FileZIllaで入力する内容は以下になります

ホスト(H)はyahoo.co.jpになります

ユーザー名はhogehoge@yahoo.co.jpになります

パスワードはさっき設定したパスワードを入力してください

ポートはデフォルトが21なので21と入力すればOKです

 

全部入力してクイック接続を押すと該当ドメインのサーバーと自分のPCが接続されるようになります

 

 

 

自分がアップロードしたいフォルダを指定のディレクトリにドラッグ&ドロップすることでサーバーに転送しアップロードすることが出来ます

 

非常に簡単に出来るのでみなさんもぜひやってみてください

 

 

以上xserverでフォルダをまとめてあげる方法でした~