これってもはや依存では!?依存気質な女性とはどういう人?

2020年1月11日

 

相手に依存的な人っていますよね

最初は可愛いと思っていてもどんどん自分のすべてを真似されるようになりちょっと…となる人も多いと思います。

自分に自信がない

 

相手の真似をする人は真似する人に憧れの気持ちを抱いている場合があります

 

この人と同じように振る舞ったら自分も素敵な憧れの人に近づいた気がして嬉しいのです

 

この心理の奥には自信のなさが隠れています

 

 

嫉妬心がすごい

 


自分が好きな人を奪われるのが怖いため、好きな人の周りに女子がチラついているものなら物凄い剣幕で険しい顔になります

 

好きな人に依存する心理として依存することで足りない自信を補っているという側面があります

 

なので自信のない自分に戻るのが嫌で相手に執着し、依存するようになります

 

この人がいないと生きていけない、この人がいないと無理というのは典型的な依存的な恋愛の特徴でもあります

 

もしそう思うのなら今の自分の恋愛が執着なのか本当に相手が好きなのか振り返ってみる必要があります

 

 

基本受け身

 


依存する人は、極めて受け身的な気質が多いです

 

自分一人ではアクションを起こすのが怖い、億劫なためいつも誰かと一緒に行動したり、連絡が来るまでは自分からは連絡しなかったりと、何かと受け身というのが特徴です

 

 

感情を表現するのが苦手

 

何か嫌なことがあっても、嫌な顔せず笑って流すようなタイプも依存的な女性の特徴になります

 

 

その場を丸く収めるために自身の感情を抑えるというのは大人の反応でもありますが、度が過ぎると負担になります

 

そういったやり場のない怒りを依存することで解消しているという面もあります

 

そのため基本人付き合いがあまり得意ではなく、自分が安心感を持って心を開いた人にのみ依存するので誰にでも依存するという訳ではありません

 

依存するのは彼氏が圧倒的に多いです(依存的な部分をある程度許容してくれるため)

 

 

ストーカー気質がある

 


依存的な人は
依存している人のことが気になって仕方がないんですよね

 

ですのでとりあえずネットストーキングしちゃいます

 

ツイッターは勿論、相手のいそうな場所を隈なく探索し構ってくれそうなのか絶えずチェックをするのです

 

自身から連絡をする女性も勿論いますが、このタイプの女性は自分から誘うと相手にとって迷惑なのではないかと思い自分から誘うという事は滅多にしない傾向にあります

 

 

働いていない場合が多い

 


依存的な女性は何かと引きこもり率が高くいわゆるメンヘラといわゆる部類の女性に多く見られます

 

最初は可愛くても、どんどん依存されるようになって重くなってきた…と感じるようになったら徐々に距離を取りましょう

 

ですが徐々に距離を置かれた方も傷つくのでなるべく依存的な子に対しては下手に手出しをしないのが賢明だと言えるでしょう

 

依存的な女性は不幸な恋愛をしやすいと言われています

 

相手にすべてを合わせたり、自分の意見は二の次で彼氏の意見を最優先させます

 

男性は徐々にこういった行動を重く感じ距離を取ると、今度はなぜ私がこれだけしてあげたのにそういう態度を取るの?と激しく怒ります

 

 

メンヘラ気質がある

 

付き合う上で多少なり女性が男性に対して頼るというのは自然なことですが、これが少しばかり行き過ぎているのが依存的な女性の特徴です

 

あなたが他の女性と付き合うなら〇すという怖い事を平気で言ったり、身の毛のよだつ経験をすることもあるでしょう

 

 

周りに流されやすい

 


友達が買ったから私も買っちゃった

 

私だけ持っていないと嫌なの…という女性は間違いなく依存的です

 

あくまでも自分の感情より相手の感情を優先するのです

 

自分の感情は相手の感情より価値がないと思っているので、強く自己主張をすることもなくいつも相手の意見に合わせます

 

そういう依存的な部分をだんだんと良く思わなくなった人が依存的な女性を責めると、捨てられるのが怖いのでさらに相手に依存し悪循環に陥ります

 

依存的な人は強い人が好きです。強い人の横にいると自分も強くなる気がするからです。いわば虎の威を借りる狐のようなものだと私は考えています

 

 

最後に

 

かなり辛口になってしまいましたが、私は依存的な所はいつでも直せると考えています

 

依存体質を脱出して自分というものが確立された時、普通の人より信念の強い素敵な人になっているのではないでしょうか