ボッチはもはやステータス!一人が好きな人は成功者になる可能性が高い理由

2019年9月17日


 

生活に役立つおすすめ商品まとめ!

 

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000

 

 

 

【2020春限定】SALONIA サロニア ストレートアイロン

 

 

 

第二世代 完全ワイヤレスイヤホン TWS-520 

 

 

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー ES-LV7D-T

 

 

 

Vellope (ベロープ) 鼻毛カッター

 

※画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します

 


 

 

反省、感謝の時間を持つことが出来る

 

人生を前向きに生きる秘訣は、感謝することである

 

そして一人で時間を過ごすことは人生に感謝する時間を持てるという意味でもある

 

一人の時間は自身の人生を以前とは違う視点で見ることが出来る機会を与えてくれる

 

一人でゆったりと考える時間、あなたは今まで味わった喜び、勝利だけでなく、辛かったこと、厳しかったことを思い出し、それが今の自分にどう作用したのか客観的に見れるようになる

 

そして一つ成熟した考えを持つ大人に近づくのである

 

 

寂しさの正体を知ることが出来る

 

人間は誰でも寂しさを感じる

 

寂しさを感じるのは特別おかしいことではなく、今すぐそばに誰かを置かないといけないというわけでもない

 

誰かと一緒にいても、大勢の人の中に囲まれても感じるのが寂しさというものだからである

 

つまり寂しさは人と繋がっていないから起きるものではない

 

一人の時間を過ごすようになると、この事実を理解出来るようになる

 

寂しさ自体は悪い事ではない。寂しさに対処する方法が悪いことがほとんどなのである

 

一人で過ごす時間を自由や解放感として感じることが出来れば、寂しさはいつのまにか消え失せていることに気づくだろう

 

 

自身を知るようになる

 


部屋で一人でいるときは、誰にも気を使う必要がない

 

つまり本当の自分自身になれるのである

 

あなたの感情、考え、信念そして強い時だけでなく弱い時まですべてを認識することが出来るようになる

 

自分を知るようになるには深い考えを必要とするため、一人の時間はとても有効なのである

 

 

自分が何をしたいのか知るきっかけになる

 

今まで長く一人の時間を過ごした人は、自分の感情にとても敏感になる。

 

逆に長らく憂鬱、喪失感に苛まれた人生を生きてきた人は一人の時間になってようやく自身の心の声に集中し耳を傾けることが出来るようになる

 

この時、自分が今まで他人の視線や感情に囚われて生きてきたのではないか、だからこんなに生気のない人生を過ごしてきたのではないかと気づくきっかけになる

 

誰も邪魔しないこの静寂な空間の中で自身の心の声を明確に聞くと本当の自分は何をしたいのかを知る大事なきっかけになる

 

 

大きなビジョンを描くことが出来る

 


一人の時間ではあなたの心はあなたのものだ

 

あなたがどんな想像をしようが咎める人はいない

 

一人の時間では思いっきり体と心を開放することが出来、理想の人生を思い描くことが出来る時間となる

 

他人の評価に怯えることなく新しい挑戦をするための設計図を想い描くことも出来る

 

他人はあなたのすべてを知る由がない。本気で自分の人生を考える時は人に相談するよりも自分の内面の心に耳を傾けた方がいい結果を生む可能性が高い

 

 

穏やかな気持ちになる

 


一人の時間は他者の期待や干渉から逃れる時間でもあるので心の内から溢れる平穏な感情を噛みしめることが出来る

 

心の平穏は穏やかな平常心から来ることを覚えておこう

 

その穏やかな心は普段私たちが悩んでいた問題を解決してくれるかもしれない

 

静かな空間が穏やかな心を助長させ、再び頑張る活力を与えてくれる

 

 

自分を信じる力が強くなる

 


一人で過ごす時間が長くなるにつれて、自分自身を信じる力を学ぶこととなる

 

一人ですべてを決断し責任を背負い、失敗と成功を繰り返すことで自分を信じる力がより強固となっていく

 

成功者に孤独な者が多いと言われている理由もこの中にある

 

成功者は得てして自分を信じる力が強い。そして自分を信じる力は一人の時間を有効に使うことで得ることが出来る

 

自分で目標を決め達成するためにどうすればいいか自分で考える。そしてトライ&エラーを繰り返しやがて成功させる。この経験は自分を信じる力の源となる

 

 

一人で過ごすことが苦ではなくなる

 

多くの人が独りぼっちになることを恐れる。一人でも豊かな時間を過ごすことが出来るようになると、ようやくこの時間こそが人生における満足感を得る手段となることに気づく

 

一人で過ごす時間が好きなら、他者の視線など気にせずに一人でいるといい

 

過去には見ることのできなかった景色が見え、静かで穏やかな満足感を得ることが出来るであろう