PE html>本当の意味で頭が良い人の特徴【特集】 | MBTI研究所

本当の意味で頭が良い人の特徴【特集】

2019年9月17日

頭がいい人と聞いてどんな人を思い浮かべますか?IQが高い人?何でも知っている人?ここでは社会生活を営む上で本当の意味での賢い人の特徴を紹介していきます

問題解決能力が高い

 


日常生活を営む上で教科書や数学問題のような難問を解くような場面はほとんど存在しません

 

日常生活で直面する問題は正解がありませんし答えというものも存在しません

 

繰り返し出てくる公式のようなものもないですし、優しく教えてくれる先生もいません

 

 

様々な問題に対してどう対処するかみんなが悩んでいる中、最善な方法を瞬時に見抜ける人たちがいます

 

彼らは枠組みに捕らわれることなく斬新な方法で周りの反対を押し切ってでも計画を実行し周りがあっと驚くようなことをして見事成功してみせます

 

問題の核心を突くことが出来るので他の人に比べ要点を掴むのが上手く学習能力が非常に高いのも頭のいい人の特徴になります

 

 

人を見極める観察力

 

難しい問題に直面した時、上司だからと言ってその問題に対するすべての解決法やヒントをくれるわけではありません

 

頭のいい人はどの人に聞けば一番手っ取り早く問題が解決するかよくわかっています

 

持ち前の観察力で様々な人の情報が既に頭にインプットされているのです

 

また上の立場になった時に仕事を適宜割り振ることが上手く、チームのエースとして部下から頼られることも多いです

 

 

自分で掲げた目標を達成できるか

 

普通の人たちは、どんなことだって挑戦しろ、ポジティブな人間になれ、不可能なことはないという言葉にすぐ振り回されます

 

本当に頭のいい人たちは自分のキャパシティーを知っているため、この目標が果たして実現可能なのかどうか最初に判断します

 

これくらいのプロジェクトならこのくらいの期間でこれくらいのペースでやれば達成できるという設計図を頭の中に描くことができます

 

正しい目標を設定出来るので彼らは目標を達成することが出来ます

 

そして一生懸命コツコツとやっていくこそが成功する道だということを彼らは知っているからです

 

 

クリエイティブか

 

頭が良い人でクリエティブでない人はいません

 

つまり創造力と頭の良さは関係しているとも言えます

 

誰も考えた事のないものを発明する、誰も思いつかないような物語を書き上げる

 

すべて枠組みに捕らわれない自由な頭脳のおかげとも言えます

 

 

頭のいい人は同じ失敗を繰り返さない傾向にあり、失敗を失敗でうやむやにせず、しっかりと反省し次に生かすことが出来ます

 

そして知的な人は普通の人が思いつかないような新しい方法を探し出すことが出来ます

 

 

幸せか

 

自身の人生が幸せだと感じないのならその人は賢くないのと同じと言えます

 

なぜなら賢い人なら自身がどうすれば幸せになれるか考えることが出来、その理想に向かって目標を立て実践することが出来るからです

 

どういったものが自分を幸せにして、どのような状況が自身を苦しめるのか、目標のために今自分が出来ることは何かを丁寧に組み立てることが頭のいい人なら出来るからです。

 

もし今の生活に不満を感じるのなら、自身や世界について正しく理解出来ているのか振り返る必要があると言えます

 

 

知識を統合出来るか


頭が良いからと言って偉大な哲学者だったり、高学歴者だったりするわけではありません

 

むしろ人生において使う必要のない知識を習得するために時間を浪費しないのは賢いと言えます

 

彼らは一つの分野の専門家ではないですが、自身の持っている知識を点と見なし、知識のかけらを線で結ぶび活用するだけの頭の良さを持っています

 

代表的な例としてスティーブ・ジョブスが挙げられます

 

彼は大学を中退しましたが、大学の時に学んだ英字体の授業を思い出し、MACにフォントを導入した逸話は有名ですよね

 

点と点を繋ぐ頭の柔らかさは本当の意味での賢い人の特徴だと言えるでしょう

 

 

自分より頭のいい人と一緒に働くことが出来るか

 


頭のいい人だからと言ってその人の言う事がすべて正しいという訳ではありません

 

頭のいい人も記憶力が衰えることもあるし、間違うこともあります

 

頭のいい人は世界について大きなビジョンを描くことが出来、適材適所、何が必要なのか理解出来ているため、自分より頭のいい人と関わるような場面でも、気後れしたり劣等感を感じるようなことはありません

 

あくまでも人は人、自分は自分という境界線がはっきりしてしているのです

 

 

どれだけ予測できるか

 

頭のいい人は予測する能力に長けています

 

こういう行動をすれば相手がこういう風に出てこういう風になるという頭のシミュレーションが瞬時に行われていてそれに合った行動を取っているのです

 

相手の行動を深く理解しているため相手の言動や態度に動揺したり、大きく戸惑ったりすることもありません

 

 

学術的性格分析

相手の価値観を受容出来るか

 

本当に頭のいい人は、自分以外の人の価値観を尊重出来る人です

 

自分とは異なる意見でも受け入れることが出来、自分の価値観を他人に強要するようなこともありません

 

私の考えがあり、あなたの考えもあるという極めて個人主義的なスタンスを取ることが多いです

 

ですので比較的人に対する期待というものが少なく、トラブルに巻き込まれることがほぼありません

未来を思い描けるか

 

多くの人は未来は誰にも予測出来ないものだと考えています

 

ですが頭のいい人は未来は自分である程度作っていくことが出来ると考えています

 

彼らの描く未来は、極めて目的志向で目標に向かって走り出す状態を心地いいとまで考えています

 

 

ソフトバンクの孫正義社長は、夢というものは今現在描いているビジョンにおよそ比例する結果を生むという名言を残しています

 

頭のいい人にとっての未来は思い描くことが出来、かつ実現までにおよその目途が立っているものと言い換えることが出来ます

 

きっと彼らは目標を達成するために一心不乱に努力できる心の強さも兼ね備えていることでしょう

 

 

ポジティブか

 


頭のいい人は否定的なことをあまり言わない傾向にあります

 

否定的な事ばかり話すことのデメリットをよく理解しているからです

 

否定的なことを発するより、肯定的な事を発した方がより生産性が高く良いパフォーマンスを生み出すことを心得ているので、頭が良い人はポジティブな人が多いです

 

一部の頭のいい人たちは、ネガティブさを文学に昇華させることもありますが、彼らの感性は後ろ向きなようで、人を魅了する前向きな力も同時に秘めているという特徴があります