PE html>INFPは天才?INFPに天才芸術家が多い理由 | MBTI研究所

INFPは天才?INFPに天才芸術家が多い理由

2019年9月17日

INFPには天才芸術家が多いとされています

 

シェイクスピア、太宰治、フランツ・カフカ(変身の著者)・ゴッホ・ジョンレノンなど名だたるメンバーの勢ぞろいです

 

彼らの共通点は一体何でしょうか?彼らがより芸術の分野で天才と言われ活躍する理由何なのか、探っていきます

一人が好き

 

INFPは大勢でワイワイやるより圧倒的に一人で好きな事をしている方が幸せです

 

その時間自分の好きな事だけに没頭し気づけば周りより数段上手くなっているのです

 

一人が好きなだけで、人が嫌いなわけではありませんが一人でいる時に落ち着きや幸福感を感じるので、一人で黙々と自分を表現する芸術家という職業は正にINFPにピッタリだと言えます

 

 

感受性が強い

 

INFPに取って一人が好きな理由は、周りに気を使わなく自身の好きな分野にとことん集中出来るからなんですね。

 

NFPは持ち前の感受性の強さで他の人は気にも留めないことに、持ち前の感受性を発揮します

 

道端に咲いている何気ない花を見て、可哀そうと思ったり、すれちがう人がどうしても気になったりと、周りより神経が過敏な分、どうしても勝手に疲れてしまう部分があります

 

そして段々、無駄な消費をしない一人を好むようになり、知らぬ間に能力が向上して才能を開花させるパターンが多い様に見受けられます

 

持ち前の感受性で自分を表現する際に用いられることが多いのは、文章です

 

 

このタイプは持ち前の感受性の強さと、卓越した文章力で優れた小説を残す最適な型であり、INFP同士強く惹かれあう性質を持っています

 

芥川龍之介はたくさんの小説を書き、自殺しました。芥川龍之介に強く影響された太宰治もまた入水自殺で死を遂げました

 

太宰治がそこまで芥川龍之介に熱狂したには理由があります

 

おそらく圧倒的に少数である自分と似ているという感覚があったのでしょう

 

未だに多くのファンを持っている太宰もまたINFPであり、彼の代表作人間失格を見るだけでも、INFPを理解するのに十分役立つと言えるでしょう

 

(太宰治はINFPっぽいENFPという噂がありますが、太宰治の小説をよく読んでみると彼がいかにINFPかわかるはずです、彼にENFPのような快活さはありません)

 

 

人に良くも悪くも興味がある

 

 

この型は人間に対する深い考察を持っています

 

自分なりに見つけた人間に対する真理のようなものを持っているのです

 

それは度々作品にちりばめてあったり、本を出し大々的語ったりします

 

この型は人に関心がありすぎるあまりに、人を逆に遠ざけてしまうということが起きやすい型でもあります

 

本当は近づきたいのに、相手のことを考えすぎるあまり行動に移せずにいたり、相手は感じていないことまで無意識的に感じ取り自滅することもあるため、人間関係が苦手なことが多く社会生活を営む上で何かと不利な場面に陥りやすいと言えます

 

 

学術的性格分析

完璧主義者

 

 

完璧主義傾向が強いです。完璧に出来ないのなら最初から始めないような、特有の頑固さがあります

 

 

鋭い観察眼

 

 

 

人には見えないものが見える、繊細さがあります

 

繊細な心で様々な情報をキャッチし、自分なりに解釈していきます

 

その工程を文字に書くだけで一つの小説になるほど、彼らはいつも何かを考え観察しています

 

 

観察していることを楽しんでいる節もありますが、昨今の時代、目が合っただけで殺されるかもしれない物騒な世の中なので、これらの特徴はある意味危険とも言えます

 

様々な状況に陥った時、自分は何を感じたのかを絶えず自問している傾向もあるので、自分の中に出来上がった世界を表現出来るか出来ないかにINFPの才能のカギは握られていると言えます

 

 

最後に

 

 

 

INFPはインプットは凄まじいですが、アウトプットは極端に弱いアンバランスな型だと言えます

 

凄まじいインプットを芸術方面にアウトプットさせることが出来れば、天才として世に名を轟かせるかもしれません