lol 悪魔のようなブラックな勝ち方JG編※性格悪注意

2019年10月18日

lolには悪魔と呼ばれみんなから恐れられる存在がいます

 

お前は果たして人間なのか?と問い正しくなるくらい冷酷なことを平気でやってのける奴を私たちは悪魔と呼びます

 

悪魔はLOLが間違いなく強いです

 

徹底的に相手を叩きのめすからです

 

相手はあまりの執拗さに、メンタルが崩壊しプレーに支障をきたすようになります

 

みなさんは悪魔になりたいですか?

悪魔になってまで勝ちたいという方はどうぞ読み進めて下さい

 

 

徹底的に一つのレーンをつぶす

 

これはJGに多い事例ですが、悪魔はゲームの勝敗に関係なく一つのレーンをぶっ潰すことに意味を見出します

 

悪魔はティルトしやすそうな奴を当てる嗅覚がずば抜けて高いので、ひたすら対面のレーナーをいじめてティルトを誘発させます

 

味方のレーナーも、もうさすがにいい!と思ってバックピングを鳴らしますが聞く耳を持ちません

 

奴らはまたきます

 

そしてリプレイを見てみると案の定、相手のレーナーが味方のジャングルに生存ピンを連打しているのを見て満足します

 

悪魔はちっとも罪悪感なんって感じていません、LOLは弱肉強食だと思っているからです

 

悪魔は一つのレーンをぶっ壊し敵チームの仲たがいを誘発させゲームを勝利に導くことが得意です

 

ですので序盤弱いチャンプなんかしません、最初から強気でいきます

 

 

プライドをズタズタにする

 

 

悪魔はどうすれば、人の気持ちを揺さぶれるか知っています

 

その結果敵を煽ることもあります

 

ソロキルをした後にbエモートを飛ばしたり、死体の上で踊ったりと、通報されても仕方ないグレーゾーンな所で敵を揺さぶって行きます

 

勲章を見せびらかしたりしてひたすら相手のプライドをズタズタにしていきます

 

悪魔の所業に怯んではいけません

 

悪魔に立ち向かうには、ポチッとミュートしてゲームをすることをおすすめします

 

相手のペースに飲まれると深みにハマってゲームに集中出来なくなるからです

 

フラッシュのないレーンに住み着く

 

 

序盤のINVADEで敵のフラッシュが落ちた場合、悪魔はその事実を決して見逃しません

 

フラッシュがないことを利用し、ひたすらそのレーンにガンクをしにいきます

 

彼らは相手がジャングルを意識してウロウロしている所を見ながらニヤニヤしていることでしょう

 

 

ひたすら相手の森に入る

 

敵のジャングルを荒らす事のみに命を懸ける悪魔もいます

 

味方がガンクをされようがされまいが相手のJGを執拗に狩って上手い事逃げます

 

相手のJGはガンクに成功し森に入ると何もないので勿論唖然とします

 

その唖然としている様子を先ほど置いたワードで見てうれしそうにします

 

ひたすら相手の森に入るタイプはグレイブズJGを得意とする傾向にあります

 

俺のものは俺の者お前のものも俺のもの、正に悪魔だと言えるでしょう

 

このタイプは中盤以降ゲームを一人でキャリーする力を持っています

 

彼らはそのパワースパイクを見逃さず、どんどんスノーボールしていき、ゲームを勝利に導きます

 

敵のジャングルは疑問に思います、なぜあいつの方がレベル2も高いんだ?時既に遅しです

 

もうゲームは厳しい状態に差し掛かっていることでしょう

 

 

最後に

 

しつこい男は嫌われますが、しつこいJGは相手にとって大変な脅威になります

 

彼らはクリープを狩りながら絶えず獲物を見ていています

 

悪魔のような奴に遭遇した場合くれぐれも気を付けて下さい