天才と秀才・英才の違い


 

より良い自分になるために役に立つ本まとめ!

 


 

 

 

※画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します

 

 

INFPが、ある本に出会ってから劇的に人間関係が楽になった

 


 

天才、秀才、英才のイメージ

 

 

秀才―頭がいい人、一を教えれば十を知る人
例:東大生や名門大学生

英才―優れた才能や高い知能を有する人、特に児童や学生を指す場合が多い
例:子供ながら大学の数学問題を解くなど

天才―学問、芸術、スポーツにおいて、飛び抜けた才能を見せる者、創造性に富んでいて常人では考えられないような新しいものを生み出す閃きを有する者
例:アインシュタイン、リチャード・ファインマン

 

 

 

 

才能の違い

 

 

秀才―努力によってたくさんのことを学び習得した人

英才―才能を開花するための前段階にいる人(主に子供や学生を指す)

天才―努力するというよりは、自身の興味分野を深く掘り下げた結果その分野において常人では考えられないような創造性に富んだものを生み出す者

と定義することが出来ると言える

 

ひとことで定義すると

 

 

秀才―優秀な者

英才―才能を秘めた者

天才―才能を活かし上記の者たちが考えも付かないような新しい概念を生み出す者

英才は才能の塊だ。この可能性が後天的な要素において適切な刺激を受け才能が開花した場合、その子供はその分野における最高の専門家になる可能性がある

 

数学や物理、言語、芸術の分野において歴史的に名を残すことがある英才は天才になる前の蛹の段階と言える。天才たちが残したあらゆる情報を吸収し自分たちのものにしていく過程なのである。すなわち英才と天才の違いは才能が開花したかそうでないかの違いであり、才能が開花すれば独自性を持った理論を構築していくことが出来るようになる。

 

 

 

 

秀才はどう違うのか

 

 

秀才は後天的な要素が強いケースである。英才ほど才能豊かではないが、努力によって一定の水準まで自分を引き上げることに成功した者を私たちは秀才と呼ぶ

 

天才と秀才の決定的な違いはクリエイティブさにある。秀才は既存にあったものを吸収する能力には長けているが、新しく独自の理論を持って新しい概念を生み出すことは得意ではない

 

その反面天才は、秀才や英才が考えもつかないような驚くべき新らしい概念をポンと出すことがある。しかもその概念も極めてシンプルだ

 

またもう一つの違いは英才や天才は自分の世界が明確で信じて疑わない反面、秀才は外部からの知識に柔軟である。どの教科も万遍なく勉強が出来る子供は秀才である可能性が高い。ある特定の分野のみ特出した成績を収め、その分野にしか目がないのであれば、その子供は英才、もしくは天才になる可能性を秘めている可能性が高い

 

もし自分の子供が特定の分野に強い好奇心を抱いているのであれば適切に導くことで才能を開花させてあげることが出来る。

 

英才の概念

 

ひと昔前は英才を判断する基準として知能のみを見る傾向にあった。知能指数が全体の3-5%に入る場合英才と見なしたのである。しかし最近においては英才の概念が変わり始めている。知能を主軸に評価されていた昔とは違い今は様々な角度で英才を判断するようになったのである。知能とは関係なく一つの分野において、突出した能力を見せた子供を英才と呼ぶようになった

 

美術や音楽の方面においても同様だと言える。美術は音楽の分野で優れた能力を示した子供を美術の英才または音楽の英才と呼ぶ。昔はすべての分野において優れた子供を英才と呼んでいたが、最近においては数学の英才や音楽の英才など英才を専門分野に分けて分類するようになった

 

実際美術の英才においては知能指数が79~133で平均知能指数は107に過ぎない。しかし音楽英才の場合、知能指数は95~133で平均が121もある。以前であれば知能指数が低いからと言う理由で才能ある子供たちを英才と呼ぶことはなかった。しかし最近においてはこういった子供を一つの分野においての英才と見なし積極的に認める風潮が出来上がっている

 

最後に

 

多様な基準や定義で英才の概念自体が変わりつつあるのは大変いいことのように感じる。こういった概念の変化が私たちの子供を勉強にばかり縛り付けず、いい方向に舵を切るための第一歩となることになるからである

 

 

 

 


 

より良い自分になるために役に立つ本まとめ!

 


 

 

 

※画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します

 

 

INFPが、ある本に出会ってから劇的に人間関係が楽になった