怠け癖のある人ほど実は賢い理由【怠ける人の特徴・長所】

最初に

 

 

今の社会では怠けている人を良く思わない傾向にありますが、違う角度から見れば怠けている人は一番賢い人たちかもしれません

 

怠けている人はいつも全力を出しているわけではないですが、同じ目標を達成するためにより簡単な方法を見つけ出し、どうすれば一番少ない労力で目的を達成できるか考えを巡らせます

 

 

 

 

なぜ怠けるのか

 

 

頭の回転が速い人は一般的な環境において怠けやすいと言います

 

適度に努力すれば普通以上の成果が出るため、必死に努力する必要性を感じず、怠けるようになるのです

 

違う見方をすれば、自身が興味のある分野にすべての労力を注ぐためにそれ以外の出来事に無頓着になり、それを傍らから見るとあの人は怠け者だと指摘している可能性もあります

 

 

 

 

だからと言って怠ける人が正義という訳ではありません、中には何もせずただ単に怠けるのが好きな人もいるからです(私ではありませんよ)

 

自分なりに努力していますが、その方法が極端に効率を重視したやり方のため人によっては怠けていると誤解されやすい部分があります

 

特に怠ける天才タイプにおいてはその傾向が顕著に表れます。怠ける天才タイプにおいては人によってはすぐにその才能を見抜かれリーダー役になることもあります。かつてドイツの陸軍総司令官ハンス・フォン・ゼークトは以下のように言いました。

 

有能な怠け者は司令官に、有能な働き者は参謀にせよ。
無能な怠け者は、連絡係か下級兵士にすべし。
無能な働き者は、すぐに銃殺刑に処せ

 

怠ける天才をトップに進める理由は怠ける(効率よく物事をこなすために)ために頭った結果、革新的なアイデアを生み出すからの他になりません

 

このようなタイプは仕事が捗らない理由と非効率的な要素を一瞬で見抜き、直そうとする意志があります。誠実で努力するタイプは仕事が多少非効率的に回っていても身体を少し酷使させることによって物事を解決する傾向にあるため誠実ではありますが、新しいアイデアを生み出すことはないと言えるでしょう

 

 

 

 

怠ける人の特徴

 

 

 
 
・常に一番簡単で、労力のかからない最善策を探します
 
 
・怠ける人は一番合理的に仕事を遂行するために考える能力に長けているという長所があります、これは普段怠ける人がその分普通の人より頭を使う習慣があるからです。身体を動かすくらいなら頭で考え動きを最小限にとどめます

 

・怠ける人は省エネです

 

・怠ける人は無駄な労力を極端に嫌います。そのため一種の合理主義者とも言えます。効率よく仕事をこなすためのアイデアを生み出します

 

・いつも最悪な状況を想定し、それに対応する解決策を考えます

 

・すべての動きは徹底的な計算の元なされます。必要な時のみ動きます

 

・彼らのアイデアは称賛される価値があります。世の中が便利になった理由は彼らのおかげでもあります

 

・期限に間に合うように、それに合ったアプリケーション及び道具、製品、技術を積極的に活用し徹底的に怠けます

 

・極端なやり方に周りは驚くかもしれませんが、怠けるための知恵は時に創造性を生み出します

 

 

 

 

・最後になる瞬間までやらなければいけないことを後回しにします。ギリギリになって集中し短時間で終わらせることが出来ます。

 

・怠ける人はマルチタスクが得意です。そっちの方が効率的なのですから

 

・彼らはすべての仕事を効率よく捌けるための近道を無意識的に覚えています

 

・仕事の効率を良くするために積極的に昼寝を活用します

 

・怠ける人は既存のやり方ではなく、もっと楽に出来る方法を常に探しています

 

・怠けることによって多くの時間や労力を減らすことが出来ます。もっと寝てもっと休みたいので時間を節約します

 

・寝ることや休むことが何より好きです

 

・怠ける人によっていつも新しい技術が生まれます。最小の努力で最高の効率を生み出す世界を理想とします

 

最後に

 

厳しい仕事ほど怠ける人に任せます。彼らはその仕事を簡単に出来る方法を探すからです ― ビル・ゲイツ