ESFJは生粋のムードメーカ!?ESFJを徹底解説&類似型との違いまとめ

2020年2月9日

 


 

ESFJの性格とは?

 

 

ESFJは思いやりや共感力が高く友達も多い

 

社会性に富んでいて誠実、周囲の人に気を配る様子から性格が良い陽キャの代表格であることが多く外向性が一目でわかる性格なため、場合によってはおせっかいだったり、あらゆるゴシップを人に伝える記者(芸能)やSNS活動を通して積極的にいいねを集めることも多い(高校生や大学生などの若い世代の場合)

 

基本誰とでも仲良く出来る部類の人たちである

 

天性のムードメーカーでもあるため積極的に集団を率いたり、勉強に興味がある場合のみ先生や教授、講師など人前に立つ仕事に就き持ち前の話術で生徒を楽しませることも多い(実質向いている)

 

集団に影響されやすいため、勉強する時に積極的に勉強会を主催するなど人と関わることで刺激され、他の型より成績が上がりやすいと言う生粋の人間好きでもある

 

また内輪だけのネタや、過去の思い出話に花を咲かせることも好む

 

知能が最高位でありながら人付き合いが苦手な人が多いINTPとは真逆とも言える

 

 

日本の文化においてESFJとは?

 

 

日本の文化においてESFJの不健康時の特徴は煙たがられる場合が多い

 

喋りすぎる、普通は控えるようなプライベートな質問をする事も多々あり、自身が所属しているグループ(自分が気にかけている人たち)のみんなが自身の手の届く所にいてほしい、すなわち執着したり余計なおせっかいや干渉をしてくることもある

 

無駄を嫌うため何事も素早く処理しようとする

 

勿論早いに超したことはないが問題はスピードよりもクオリティーが優先されるような状況においてもスピードを追求することが多いため、孤独で細やかな作業が必要になる職人的な仕事は向いていない

 

統計的に一番知能が低いとされているが、人間性にかなり優れている人が多く、人望を集めやすいという長所があるため社会においては持ち前の社交力で成功を収める場合も少なくない

 

彼らは知能検査のようなテストを面白くないと感じ適当に答える場合も多い

 

しかし現実的な仕事においては副機能Siを活用し勉強や仕事が出来ることも少なくない

 

勿論、現実に特化している特性上クリエイティブな想像力を要する課題には滅法弱いが、既にマニュアル化された環境や大きな変化のない規則的な作業やプロセスを管理することは得意な方である

 

 

 

ESFJの長所

 

 

ESFJはとにかくノリが良く、一緒にいて楽しい人が多い

 

相手を積極的に笑わせようとしてくれたり、面白いことを言って場を和ませたりと集団においてESFJがいるだけで場が盛り上がることも少なくない

 

面倒見が良く、自分が一度好きだと思った人ならよっぽどでない限り最後まで好き好んで面倒を見る場合が多い

 

 

ESFJの短所

 

 

社会的な視線を気にするため、Feを主機能と使用すると同時にxSxJ型の特性上心が不健康になると、老害として説教を垂れる場合も少なくない

 

なぜなら思考型TJ(ISTJ,ESTJ)は自身が納得出来る理由を述べられればその意見を受容する柔軟性があるのに対し、感情型(ISFJも同様)は論理や正論で相手ねじ伏せるより、とにかく感情的になって相手の意見を跳ね除けようとするため

 

 

また外向型の中でも、外向性が特に発達しているため、馴れ合いが特に起きやすい人たちでもあり、グループの中で強い発言権を得るためなら手段を選ばないため、自身の能力を向上させるより人脈のネットワークを築きその他不利な所をカバーしている人もいる

 

 

ISFJとの違い

 

 

ISFJとESFJ二つの型とも思いやりや共感能力に優れ、人間関係を重視する型のためEやIの違いが大きく感じられないが、二つの型の違いを簡単に述べると

 

友達と遊びに行くとき

E:わくわくしながら出かける
I:少し面倒くさいけど約束したからには出る

 

人に与える印象

E:明るく天真爛漫
I:落ち着いている優等生

 

 

ENFJとの違い

 

主機能や劣等機能が同じFeとTiなため類似点はあるが、違いは存在する

 

主な話題

S:特別な話題を決めず幅広く話す雑談的な要素が強い(幅広い分野を広く浅く)
N:政治や社会といった特定のテーマに絞って話すため討論的な要素が強い(特定の分野を狭く深く)

 

対人関係におけるポジション

S:協力者になることが多い
N:指導者になることが多い

 

 

 

 

ENFPとの違い

 

 

同じ外向型+感情型であり3次機能がNeのためESFJたちが自分をENFPと勘違いすることがよくあるが、主な違いとしては

 

・個人主義的で抽象的なものに興味があり主観が明確な方はENFPに近く
・決定する時に自身が所属している共同体の影響を受け、現実的な行動をする方ならESFJに近い

 

 

そして劣等機能が顕著に表れている時のESFJはTiの影響を受け、行き過ぎた分析に没頭するため現実的な行動が出来ず身動きが取れない状況に陥る

 

ENFPはSiの影響を受け過去に執着するようになり長所であるいつもの前向きな態度で生活することが出来ない状態が続く(普段が底抜けに明るいので一目でわかる)

 

 

最後に

 

ESFJは人と人とを繋ぐパイプ役に秀でている(周りと積極的にコミュニケーションを取ることが出来る)

 

ESFJは人に対するサービス精神に溢れているので、人と多く接する仕事に適性がある