PE html>ENTJの特徴&INTJ・ESTJとの違いまとめ | MBTI研究所

ENTJの特徴&INTJ・ESTJとの違いまとめ

ENTJの特徴

 

 

ENTJは論理的で強いカリスマ性を持っているため多くの人を惹きつける

 

発言が極めて論理的なため、優れた弁論家・弁護士になりやすい特徴を持っている。先天的なリーダー気質を持っている子供は学生時代から生徒会長の座につくこともある。それに対する責任感も抜群で、全体のためになるシステムを体系化し構築する

 

ENTJはプライドが大変高く慣習的で非効率的なものを嫌うため、保守的な考えを持つ老害気質のある年配と喧嘩をすることもある。そのため指揮を執れるポジションに就くことが多く政治家・弁護士・CEO・アスリートや優勝を目標とするスポーツ監督に多く見られる型の一つである。特に政治家においてはクーデターを起こしたり、粛清を行ったりとトップの座に固執する傾向も見られる

 

ENTJは自身の職業において強く成功したいというモチベーションの元、一生懸命働く過程を楽しむことが出来る。彼らは野望に満ちていて力と影響力を持つことに興味がある。ENTJにとって意思決定とは一種の天職であり、直接決定を下し計画を実行できる位置にいることを強く望んでいる

 

 

 

 

ENTJはストレートで決断力に優れている。親しみやすく外向的ではあるが、人の感情の微妙な変化には気づけない鈍感さが少し見られる。そのおかげか対人関係で悩みを抱える人が少なく日々の激務にもどうってことないメンタルの持ち主が多い。一緒に働く仲間たちを愛しており、同じ目標に対し前進することに喜びを感じている。結果に集中し生産的であることを願う

 

ENTJを一言で表すとリーダーである。どこに行ってもリーダーの役割を担う事が多く、それを自分自身も楽しんでいる。未来に対するビジョンを持ち、直感的に人々をどう動かすか適切に判断し目標達成のために積極的に行動することが出来る。どんな状況においても効率性を重視するため、会社や組織を引っ張るシステム作りは大の得意である

 

同じ外向・思考型のESTJとは違いアジア特有の集団生活が中心となった文化では静かに生きることが難しいとされている。そのためENTJにはグローバルな企業のように個人の能力を思う存分発揮できる場所が環境的にも合っていて自分も楽に感じる

 

 

優柔不断な人、能力が伴っていないのに駄々をこねるひとに対し嫌悪感を抱く場合も

 

 

すべての型の中で平均所得が一番高い。先天的なリーダー気質に責任感も強いため人の上に立つ役割が多くなるためだと考えられる

 

ENTJは普遍的な規則や社会的な常識を大変嫌うため、どうにかして自分が思った通りの環境に周りを変えていく。これは政治界において有効に活用されれば、大多数の人が幸せになれる優れた法律になる場合もあれば、逆にとんでもない悪法を作り国を亡ぼす程の重大なことになりかねない。結果はともかく良くも悪くも周りを巻き込み大きく成果を上げることが彼らは得意なのだ。

 

 

 

 

INTJとの違い

自身の理念を叶えることにのみ集中するという点では類似点は存在するがその他の特徴もある

・INTJが現実には存在しない抽象的な理念を追求することに長けているのに比べ(共産主義国家をつくるなど)

・ENTJは具体的な目標を達成することに長けている(会社で売り上げトップになるなど)

 

ESTJとの違い

 

ESTJ = S  ENTJ = N

 

価値があると考えるもの

S:金や物など現実的なもの
N:政治的理念や精神的なもの

 

親しい人に対する態度

S:表現をしないだけで実は相手に親しみを感じている
N:可愛い子犬のような感じになる

 

よく言う口癖

S:前もそうだったよな
N:そうなると思った

 

 

 

 

ENTJの興味深い事実

・野望・強制・肯定・自我・適応力で高い数値を記録
・仕事や経済の部分において一番ストレスの数値が低い
・心臓病リスクが平均より高い
・学生時代成績が高い型ランキング4位 4/16