幸せ・成功とは何か人生をより良い方向に進めるためにぜひ見ておきたい名言集まとめ

2020年1月11日

 

 

 

アンドリュー・マシューズ

幸せを描く哲学者と呼ばれる世界的に有名なベストセラー作家。人生の成功や幸せについて深く切り込むと同時に個性的なイラストを付け加えることで知られる。

 

 

他人が私たちをどう考えるか、決して私たちが気にする問題ではない


結果から少しだけ超然とすることで、仕事を楽しむことが出来るようになる


決定は自らが下すものだ。他人の気分を害するくらい唯我独尊を貫く必要はないが、何であれ自分自身に対し素直であるべきだ


計画が現実になった時より、無我夢中で計画を推し進めている時の方に幸せを感じる。


固定概念に囚われていると、それが正しいと言う事実を証明する理由を作り続けなければならない。しかし一度だけその固定概念から離れると、同じ問題に対し毎回同じアドバイスを乞う必要もなくなり、人生自体が変わるようになる


苦痛に耐え、忍び耐えたくないのであれば、口を開け、尋ね、求めよ。


昆虫や動物はいつも忙しそうにしている。幸せを追い求めるのであればまず勤勉でないといけない。


他人のせいにして他人を恨むばかりの人は何事も成し遂げることが出来ない


自身の中にあるものを、腐らせているとそれまで失うことになる


度胸が欲しければ、怖くて手も出せない仕事に挑戦せよ。これが恐怖心を克服する一番手っ取り早い方法である


あなたはあなたという理由だけで愛され尊重される資格がある。私たちは誰でも堂々とすることが出来る人間である


あなたの心や信念体系が即ちあなたの今持っているものを決め、あなたの心があなたを金持ちにもさせ、貧乏にもさせる。人は自身が考えることに比例するように出来ている。


今、楽したいと他の人の手を借りれば、成功の喜びもまた他の人の手のものになる。


お金に執着しすぎると、お金を稼ぐことも、稼いだお金を持ち続けることもしんどくなる。お金を稼いだり集めようとするなら、まずお金に対する考え方を変える必要がある。お金に苦手意識があるのなら意識的にでも無意識的にでも結局お金を持たないでおこうという解決策を見出すようになる。


恐れに立ち向かおうと決めた瞬間、恐れは蒸発する


どんなものであれ直線的には動かない。どんな目標も挫折や困難を極めずには成し遂げることが出来ないのである


肯定的に考える人たちにとって問題とは、学びの機会になるだけである


期待する通りに得ることになる


抜きんでている者は偽物の謙遜という騙しは使わない


褒められたなら、素直に受け入れること。成功するためには、まず自身の価値に気づく必要がある


卓越した成果の後ろにはいつも粘り強い力が隠れている。耐えろ、最後まで耐えることが出来た時は既に勝利している。


敗者を勝者に変える秘訣があるなら、それはつまりあなたが欲しいものに集中することである


怒っている人を相手にする時は事実を並べるだけでは何の意味も為さない。相手の話に耳を向け、彼の立場を敬い、尊重していることを示せば98%の人は怒りを露わにすることはない。


怒った瞬間相手は嫌に思うだろうけど、すぐに忘れるだろう。しかしお互いをもっとよく理解するようになる。しかし私たちが怒りを表現せず苦しんでいるなら、問題は解決されず、被害はもっと大きくなる。


患者は一般的な経過に対し治るものではなく、患者自身の期待に合わせる形で治っていく。


幸せの秘密は好きな仕事をするのではなく、自身がやる仕事を好きになる事である


幸せとは今と深いつながりを持つ。目的地についてようやく幸せになるのではなく、旅する過程で幸せを感じるのである


幸せとは決心、決定である


誰よりも愛を必要としている人が、むしろ愛が要らないように振る舞うことは皮肉ではなかろうか。真に寂しい心が染みるようであれば、世界に向かって子供ように愛を叫べ


誰かの分身になることは決していいことではない。私たちは一人の完全な人格体だからである。


すべての変化は抵抗を受ける、特に始める時はそうである。


目標があればそれが既に成功したように無意識の内に刻め。目標が既に叶ったと想像している間に、内面の心はあなたが欲しがる最後の結果を生み出す作業に着手することになる。


目標は改善して、改善してまた改善して絶えず改善する必要がある。船やロケット、ミサイルなどもそうである。


目標とは私たちが前に進み続ける原動力になる


目標を叶えたいという覚悟がどれだけ強く、切実であるか見るために宇宙は私たちを試すことがある。少しだけ、後少しだけ耐えるだけですべてが良くなる。


どんな仕事であっても成し遂げようとすれば、リスクというものがついてくる。


どんなことが起きるのかではなく、起きたことにどう反応するかによって幸せにもなれるし不幸にもなれる


何が正しいのか自分で決定を下さないといけない。罪悪感なしに拒否することが出来るようになれば、私たちは人生を確実に自分だけのものにすることが出来るようになる。


人の心は磁石のようで、考えていることを自ずと引き寄せる力を持つ。叶うべきものを絶えず考え、また考えよ。そうすれば為すことが出来る


愛とは力であり誓いである。誰かを愛することは堂々と話すことが出来ることだ。愛は勇気だ。勇気ある者だけが愛を得ることが出来る。


人生において引き出す喜びや楽しみはどれだけ環境のせいにするかに対し反比例する。


成功の秘訣はどんな職業においても、その分野で一位になろうとする所にある。


世界は鏡と同じだ。人との関係でぶつかる問題のほとんどは自分自身との関係でぶつかる問題を鏡のように映し出している。外に出て人を変える必要はない。私たち自身の考えを少しずつ変えることで、周りとの関係は改善する。


世界はいつも変わりゆくため、流れるものは見送り、新しいものは受け入れる健全な態度が必要だ


勝者は敗者より、数多くの過ちを犯す。それこそが彼らの勝つための秘訣である


種を数個蒔くだけでトラック一台分のカボチャを得ることが出来る。このように自然の驚異的な力は私たちが与えるより、もっと多くのものを返してくれる寛大さがある。しかし実を手に入れるためにはまず外に出て土を掘る必要がある


失敗は苦しい。しかし最善を尽くせなかった場合はもっと苦しい


いつにおいても自分と今置かれている状況を肯定的に考えよ


私たちが住むこの環境は私たちが作っていくものだ。自分が変わる時、人生も変わる。


私たちは自分の価値というものを自分自身で認める必要がある。他人に私たちの価値を認めてくれることを望み、それが裏切られた時、失望し落胆する。


幸せと不幸を決めるのは他の誰でもない私たち自身である。そしてそれは即ち、私たちが自身をどう考えるかによるものである。


欲しいものを得たいと思うのなら、まずあなたがそれを持つ資格があると信じることだ。するとあなたの望み通りに多くの物事が運ぶようになるはずだ。


この人たちが私をこういった風に扱うよう煽っているのではないか?彼らが私たちに違う接し方をして欲しいと思うのなら、私たちがまず変わらなければならない


この世のすべてにおいては肯定的な面が存在する