LCK GRFグリフィンへの懲戒公式文【意訳完全版】


 

生活に役立つおすすめ商品まとめ!

 

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000

 

 

 

【2020春限定】SALONIA サロニア ストレートアイロン

 

 

 

第二世代 完全ワイヤレスイヤホン TWS-520 

 

 

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー ES-LV7D-T

 

 

 

Vellope (ベロープ) 鼻毛カッター

 

※画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します

 


 

以下は韓国のLCK公式の意訳本

 

訳に間違いがあったらごめん!大体の意味は伝わると思う

 

全文読むのだるい人はマーカーだけ読むように!

 

 

こんにちは、LCK運営委員会(以下委員会)です。10月29日グリフィン事件関連LCK運営委員会中間発表(以下中間発表)に継ぎ、本事件の最終調査結果を報告します。

 

運営委員会は多角的な調査結果から見る本事件によってLCKリーグを通して生成された相互関係が不当に利用されLCKの名誉は勿論、核心価値である公正性が著しく毀損されたと判断しています(要はパワハラが起きていると)LCKリーグでは様々な構成員がいて、その構成員の中にチームの代表、監督、選手等の地位から成る上下関係やその地位によって発生した力が発生することがあります。しかしこの上下関係によって発生した力が不当に使用されることについてはどのような場合であっても正当することは出来ません。(パワハラは容認出来ませんよと)

 

LCKがたくさんのe-sportsのファンと共に成長し、その公正性を維持するためには様々な要素が必要ですが、その中でもLCK構成員の相互関係において優越な地位にいる人が相対的に弱い立場の者を守り配慮することは必須であると考えます。(強い立場の人が弱い立場の人を守るのが普通)よって、運営委員会はLCKリーグ内での優越的地位が不当に利用されたことが明らかになった場合、どのような場合であっても黙認することは許されず、その水準が度を越していると判断した場合は例外なく、無寬容原則を適用していきます。このような行為はe-sportsファンの意思に反する好意であり、公正性を核心価値に置いているLCKリーグの根幹を著しく毀損する行為であるためです(厳格にパワハラ取り締まるよ、例外はないよと)

 

よって、本運営委員会はリーグ全般に警報を鳴らし、重い心からなる以下の懲戒処置を発表します

 

・懲戒対象:ジョギュナム グリフィン(前)代表

懲戒内容:無期限出場停止

・懲戒発効日時:2019年11月21日から

 

ジョギュナムグリフィン前代表(以下ジョ前代表)の行為が刑法上脅迫罪や強要罪に該当するかについては事件当事者たちの告訴等を通じた関連法令及び手続によって法的判断の権限を持つ司法機関が判断する領域だと考えています(犯罪であるかどうかは私たちにはわからないよと)

 

しかし運営委員会は刑法上の脅迫罪や強要罪成立とは関係なく調査結果、問題が確認できた事項については厳重なる判断を下すことが公正であり健全なリーグ育成のための運営員会の責任・義務であると考え、司法機関の判断とは別にジョ前代表に懲戒を付加することに決めました(だけど、LCK内においてはこいつしばけるよと)

 

チームの責任者は未成年者である選手の身分に何か変動が起きた時、特にその変動が選手の法的権利や義務に関連付けられた場合であれば、該当未成年選手や選手の法定代理人(両親)に十分な情報を案内し同意を得た後、必要な処置や手続きを進める必要や責任があります。これは公正性を核心価値として置いているLCKでのチームの代表に相応しい行動であり、要求されることになります。(選手が契約するときはきちんと情報を提示することは当たり前だけど出来てないよね?と)

 

即ちソジンヒョク(Kanavi選手)選手の両親から未成年者であるソジンヒョク選手がグリフィンの保護下で選手として活動する同意を得たなら、ジョ前代表はチームの代表としてその選手がテンファリング(他チームと契約を結ぶこと)の際、選手だけでなく、両親から該当事実及びその影響に対し十分案内すべきでした。さらに以降、法定代理人の同意範囲内でグリフィンから離脱し、他チームに移籍することについては、移籍の意思だけでなく移籍条件についても選手や両親と十分に話し合い、それについた必要な同意を得るべきでした。それにも関わらず、球団の規定を守り、選手の保護すべき存在であるジョ前代表が未成年者である選手を単独で移籍手続きを踏ませ、未成年選手が特定の選択をするように不当な影響力を行使したことについて代表としての資質を疑う行為であり、LCKの名誉及び公正性を著しく毀損したものであると判断致しました(選手の両親に十分な情報を提供することもなく、あまりにも未成年者である選手への配慮が見当たらないからこれはダメだと)

 

ソジンヒョク選手をジンドンGamingにレンタル移籍する過程で、運営委員会で固辞する契約内容とは異なり、レンタル期間が契約期間に入らないようにする条項を追加することにおいて、ジョ前代表が積極的に介入し、この処置によって契約終了日が変更になった場合、運営委員会で固辞する義務があるにも関わらず履行することをしませんでした。レンタル期間を契約期間に入らないようにするこのような条項は選手がレンタル期間中においては、何の制限もなく所属するチームと契約が重複する危険性があり、選手の権益を著しく毀損する条項であると運営委員会は見ています。このような条項を選手に提示し合意するように積極的に介入したジョ前代表の行為は軽い処罰では済まされないことであり、運営委員会は契約終了日変更について固辞するがないため、上記の条項を運営委員会に故意的に隠したとして、運営委員会はこれを重大なLCK既定違反及び規定違反を試みた行為だと判断しました。(二重契約のような選手の不利益になるようなことを強行的にやってのけて、LCKに隠そうとしたね?代表と)

 

運営委員会は上記の違反事実の深刻性を考慮しジョ前代表に無期限出場停止処分を言い渡します。これによってジョ前代表はLCKを含むRiot gamesが主催するe-sportsにどのような場合であっても参加することが出来ない旨を明確に記します(もうe-sportsに関われないと)

 

・懲戒対象:キムデホ(cvMax) グリフィン(前)監督

・懲戒内容:無期限出場停止

・懲戒発効日時:2019年11月21日から

 

 

運営委員会は10月29日の中間発表時の際、今までに告発されなかった情報や疑惑について調査を続けていく旨をお伝えしたことがあります

 

運営委員会は調査の過程においてキムデホ(cvMax)グリフィン前監督(以下キム前監督)が監督として活動していた当時、一部の選手たちに暴言や暴力を行使したという報告を受けました。運営委員会は両当事者は勿論、目撃者の陳述を元に調査を進行し、その結果一部の選手たちに暴言や暴力を行使した事実を確認することが出来ました。(選手を教える時にパワハラしたね?と)

 

LCKリーグにおいて暴言及び暴力的な行為はいかなる場合であっても容認することは出来ません。特にLCKリーグ内部において監督の地位を付与された者によって行われた暴言及び暴力的な行為はなおさらです。長期間持続的に被害選手たちに行われた暴力的言動のレベルは人格的に耐え難い程であったという複数の陳述及び提出資料を通し確認済みで、何より暴言や暴力の対象になった行為は大韓民国法律により禁じられ少なくとも、一般的に許容されるであろう倫理的行為に反している事実を受け、運営委員会はキム前監督の行為をLCK既定の重大な違反であると判断しました。(パワハラの証拠は既に確認済みと)

 

 

 

運営委員会はこのような行為の重大性を考慮しキム前監督に無期限出場停止処分を付加します。この事実を受け、キム前監督はLCK及びRiotGamesが主催するe-sportsにいかなる場合であっても参加することが出来ない旨を明確に記します。(もうe-sports関われないと)

 

 

・懲戒対象:(チーム)グリフィン

・懲戒内容:罰金1億ウォン(1千万円)

・懲戒発効日時:2019年11月21日から

 

 

 

 

ジョ前代表及びキム前監督の行為においてチームの関係者が直接関与または放置した事実が確認され、運営委員会はチームグリフィンに罰金1億ウォン(一千万円)を付加します。これに伴い運営委員会は一年間グリフィンチームの運営及び管理全般に対し定期的に点検する計画です。(チームの内部の者はパワハラとかkanavi選手の件黙認していたね?と)

 

この過程において、類似な違反行為がまた発生した場合最大シード権剥奪の追加懲戒が付加される予定であることをお知らせ致します(このようなことがまた起きたら君たちのシード権没収だよと)

 

私見

 

riot Gamesは正しい。cvMaxがパワハラをした事実は明確になったし、代表がやばいやつだということもわかった。そもそもcvMaxの配信を見ていると違和感を感じた。典型的なパワハラをする人の発言(chovyと俺は仲がいいから多少の暴言を言っても良い的な発言)それを判断するのはchovyや選手側かと

 

組織ぐるみで改善が必要な時に、第3者であるriot Gamesが上手く介入し重い懲罰を下したことでより今後選手たちの安全が保障された感じ

 

韓国のコメントを見ると、中にはグリフィン上層部とriotGamesが手を組んでcvMaxに圧をかけたという浅はかなコメントがあるが、私はriot Gamesの対応は完璧に近い神対応だと考えているし、cvMax信者が多すぎてちょっと引くレベルだとも思っている。

 

子供相手に暴言とかいい大人がすることじゃないよな