【自分がどっちかわからない方向け】INFJとINFPの違いを詳しく解説


 

より良い自分になるために役に立つ本まとめ!

 


 

 

 

※画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します

 

 

INFPが、ある本に出会ってから劇的に人間関係が楽になった

 


 

最初に

パッと見、INFJとINFPは似ています

 

この二つの内向型の性格はすべて理想主義的な傾向を持ち、貢献することが好きです

 

しかし深く掘り下げていくと、この二つの型は正反対のような特徴も兼ね備えています

 

機能を見てみると、お互いの主機能から劣等機能まで同じ機能が一つもないことがわかります

 

MBTI理論ではアルファベット一つがとても大きな違いを生むこともあります

 

自身がINFJなのかINFPなのか判断がつかない方向けにこの二つの型を区別する方法についてみていきます

INFJとINFPの機能の比較

MBTI専門家たちの中ではある型同士を区別するのにあたって、機能を調べることが一番確実な方法であるという意見が多いです

 

MBTI公式サイトでの機能とは内面・及び外部から表現される態度と規定されています

 

INFJとINFPが一見、一文字違いのように見えますが、この二つの型は正反対なる機能を持っています

 

INFJの機能一覧

主機能:内向 直感(Ni)
副機能:外向 感情(Fe)
3次機能:内向 思考(Ti)
劣等機能:外向 感覚(Se)

 

INFPの機能一覧

主機能:内向 感情(Fi)
副機能:外向 直感(Ne)
3次機能:内向 感覚(Si)
劣等機能:外向 思考(Te)

 

この二つの型の違いを見ていく際、上記の機能の順序を頭の片隅に入れておくようにしましょう

 

そしてこの違いを通じて自身を一つの性格型という箱のようなものに当てはめようとせず、成長の方向性を定めるための一つの道具くらいに考えるようにしましょう

INFJとINFPの4つの決定的な違い

以下INFJとINFPの違いについて詳しく見ていきます

分析的vs芸術的

INFJは主に内向・直感という色眼鏡を通して世界を見ます

 

内向・直感は本質的な認識機能です

 

認識機能は様々な可能性を探すために何でも探求しようとする傾向が強い機能です

 

認識機能の反対は判断機能ですが、判断機能は結論を下した後、考えを行動に移す機能です

 

INFJは判断型に属しますが(J)、彼らの主機能は本質的に認識機能です

 

INFJの認識機能は内側に向いているため、人の目には変化がないように見えます

彼らの副機能である外向・感情は判断傾向が強い機能ですが、外部に向かっています

 

INFPはその反対です。INFPの主機能は判断傾向の強い内向・感情です

 

その反面、副機能である外向・直感は認識傾向が強く外部に向かっています。

このような理由でINFJははたから見れば、体系的で分析的・多少融通性のないような面をみせる反面、INFPは開かれていて芸術的で自由そうに見える傾向にあります

 

INFJは体系的な傾向が外部に向かっていて、INFPは開かれた傾向が外部に向かっているためだと言えます

人の感情vs自身の感情

INFJの感情機能は外部に向かっているため、人の感情や調子にすぐに気づくことが出来ます

 

INFJは人に対する共感能力に優れ、このような理由でINFJは心理カウンセラーや臨床心理士または社会に貢献する仕事に多く就いています

しかしINFJは人の感情によく気づく半面、自身の感情には少し鈍感と言えます

 

INFJは人の感情を吸収し、まるで自分の感情のように錯覚することもあります

反対にINFPは感情機能が内面に向かっているため自身の感情についてはよく理解出来ています

 

彼らは感情に敏感である代価として、他のどの型より人間の本質についてよく理解することが出来ます

 

そのため度々芸術や物書きのような芸術活動を通して自身の感情を表現することがあります

だからと言って、INFPが人の感情に全く共感出来ないかと言われればそうではありません

 

むしろINFPは人が経験した感情を想像することで再現することが出来、特に痛みについて深く共感することが出来ます

 

自身の気持ちを重視する傾向にあるならINFPである可能性が高く、自分の気持ちよりは人の気持ちに敏感で、人の感情に移入しすぎたり自分のことのように背負ったりする傾向にあれば、INFJである可能性が高いと言えます

 

そのため、INFJの有名人は人類や社会に貢献するために自分の人生を捧げる人が多く、INFPの有名人は自身の内なる感情を表現した芸術家が多いとされています

洞察vs人間に対する理解

分析的な傾向が強いINFJは洞察を得意とします

 

彼らの興味のある分野は主に、心理学・自己啓発・宗教または人間の本質を反映した文学作品です

 

INFJは繰り返されるパターンを観察し、これを元に推理することに長けています

 

INFJは観察したことに関して、自分なりの結論を下し、必要に応じて社会的または道徳的な変化をもたらせます

 

INFPは人間の内面を探求することにより集中します。人間の苦痛や喜び、そしてすべての感情を味わってみたい傾向にあります

 

まだ区別がつかない方は以下の例を見てみましょう

INFJとINFPが小説を読んだら

INFJはストーリーがしっかりしていて主張したいテーマが明確な小説を読むことを好みます

 

しかしINFPはストーリーにはさほど興味がなく、各登場人物の内面の機敏な動きに共感することが出来る小説を好みます

外部統制vs内部統制

INFJは体系的で自分をよくコントロールしているように見えます

 

彼らは判断型で整頓整理が上手く約束の時間をきっちり守り、計画を立てることも上手です

 

しかし意外とINFJの内面はそれほど整理整頓されていないことが多いです。

INFPはその逆です。はたから見れば、計画性に乏しく、その場その場で生きているように見えます

 

締め切りや計画表・周辺の整理整頓にもさほど興味がありません

 

しかし内面は何かの目標に向かっていることが多く、その過程においては知らず知らずの内に整理整頓された道を歩んでいる傾向にあります

 

自分のペースでゆったりとやっていくことを好みます

結論

一番わかりやすい指標は自分の感情を最大優先するならINFP・そうでなく周りに感情的に振り回される傾向にあるならINFJの部分だと思います

 

自身がINFPかINFJかわからない方はぜひ参考にしてみてください


 

より良い自分になるために役に立つ本まとめ!

 


 

 

 

※画像をクリックするとAmazonの商品ページに遷移します

 

 

INFPが、ある本に出会ってから劇的に人間関係が楽になった