ESTJの基本的な性格及びESTJの長所・短所&ESTJの短所を補うためのアドバイス

 

 

ESTJの基本的な性格

 

 

ESTJは社会のルールや秩序を重んじ、生きていく上で自分なりの判断基準を持っているのでそっとのことで意見が揺らぐことはない
彼らの主な判断基準は社会の秩序やルールに基づくものであり、彼ら自身はこの自らの持つ原則に強い信念を持っている

 

自分の信念に基づく原則が社会に有益なものであると信じているため、この原則は基本すべての人が守るべきものだと考えている
彼らはこのようなルールを作る前から自然と人をまとめるリーダーの役割を担っていることが多い

 

彼らは法や常識に遵守しない行為についてとても厳しい目を持っている
このような彼らの厳しさは時としてプライベートな人間関係に不利益を持たらせることもある
法に従う事に重きを置くので法を破り対抗する人の感情や理由に寄り添う事もない

 

ESTJは人と関わることが大好きで深く誠実な関係を望んでいる
彼らは自分が思い描く原則に忠実な人生を生きることが出来た時成功したと感じ、彼らの喜びは人生において適用できる優れた原則に出会う時である

 

 

ESTJの長所

 

 

ESTJの長所はいくつもありほとんどはその長所を自分自身も自覚して積極的に活用していることが多い

 

・義務に対しての責任感が強くただ単に終わらせるだけでなく、それ以上のパフォーマンスを責任を持って取り組むことが出来る
・優れた記憶力を持っている
・先天的なリーダー気質
・戦略性に優れているためゲームが得意
・自身の家族や友人国家など本人が所属している集団への愛情度や忠誠度が高い

 

政治家に多い型(右派に多いとされている)
道徳的な人生を歩むことが多く優れた戦略家として指揮官になることも出来る
整理整頓された安定な人生を志向する

 

 

ESTJの短所

 

・彼らの問題は主に外向的な思考が強く出すぎる時に生じる
・人に対しどのように接していけば考えず行動する時がある
・彼らはわざとルールを順守しない者をハブったりいじめたりすることがある(ルールを順守しない人が悪いという正当性を主張する)
・自身の考えや感情を相手に表現することが苦手
・自分を傷つけた人を許すことが出来ず、その怒りを内面に隠し持っている
・人をコントロールし自分の思い通りに操ろうとする傾向がある
・自分の期待値以下の仕事をする者に対してかなり批判的
・自分の原則や期待値を人に強制する傾向は恋愛や結婚時に顕著になり相手を苦しくさせる原因になる
・自分が知っている事実以外は度外視する傾向にある

 

 

ESTJに送るアドバイス

 

 

 

人を非難する時は可能な限り当時の状況や事実をもう一度検討する(やむを得ない事情があったかどうか)
必要に応じて相手に報告したり確認作業を取る。会話内容やメッセージを自分がすべて把握しているか確認する

 

その後すべての状況を自分の原則と照らし合わせ判断することはあっても、相手の事情に応じて配慮したり理解する余裕を持つこと
本来自分の持つ原則を過信し過ぎず必要に応じて変える柔軟性が必要

 

周りの性格を把握しよう

全ての人が自分と同じ考え方でない事を認め彼らの言う事に耳を傾ける態度を心掛けるとより改善的で生産的な会話が可能になる
自分の感情と同じく人の感情も大切であることを覚えておこう

 

あなたのこだわりを大切にする情熱は時としてあなたを破壊させる道具になりかねない。
そのような怒りはあなたのプライベートな人間関係をこじらせ人を大きく傷つける可能性を孕んでいる
ひどく怒った内容や相手に失望した出来事さえも怒りを鎮めてから再度考えてみれば大したことなかったなと気づくきっかけになる

 

交際をする上でESTJが知っておくべきこと

交際を始めた時、あなたの行動で示すような態度は時として相手を不安にさせることがある
あなたは愛する人にわざわざ言葉で言わなくてもわかってほしいと考えるが、相手はそうではないかもしれない
相手の感情的な要求を理解し、相手に寄り添う姿勢を見せれば後は自分なりのやり方で表現すればいい

 

 

自身の人生の問題を他人のせいにするのをやめよう

あなたの人生のすべての責任はあなた自身にあることに気づくべきだ
人を知らず知らずの内にコントロールしてはいないか振り返ってみよう
あなたは自身の考えが正しいと考えていて、それで相手がよくなると考えているが相手の感情を度外視したアドバイスは結果は良くても相手を傷つける要素になり得る

 

時としては一人の時間を持ち自分を振り返ってみよう

リーダーとしての立場、集まりを主導する立場でいようとする気持ちが強いので時として一人の時間を持ち自分を振り返ってみる時間が必要