ENTPから見たENTPについて【ENTPが嫌われる理由・ENTPは飽き性・その他】

 

 

最初に

MBTIに関して興味を持つようになったのは確か高校生くらいの頃からだった

 

母がカウンセリングに関する仕事をしていたため、性格診断は比較的身近なものであったということと

 

比較的気軽に出来る心理テストだということもあってMBTIはかなり重宝していた

 

人間の多様な性格をたった16個に振り分けたテストであり、残念ながらMBTIに学問的な大きな信頼性はないという

 

 

しかしふと思い出すたびにMBTIのテストをやってみて自分の傾向が変わっているか確かめることをよくしていた

 

成人になってからは(高校時代の結果は覚えていない)INTP -> ENTPになったことはよく覚えている(気分が少し憂鬱な時はINTPで普通の時ENTP)

 

INTPとENTPは似ている所がかなり多いように思う
明確な違いと言えば、社会生活を営む方法や人間関係を維持する方法くらいだろうか

INTPはまた今度の機会にまとめることにして、今日は自分のタイプでもあるENTPについてまとめようと思う

 

勿論かなり主観が入っている事や自分が自分の型を述べているため言い方が多少過激的になってしまう所はどうかお許しいただきたい

 

プライド・自己肯定感共に高い

 

まずENTPは自己主張が強い人が多い

 

それはこのプライドの高さや自己肯定感の高さからくるものだろう

 

後程も述べるが、ENTPは押しが強い人が多くこの押しの強さにはしっかりと根拠や妥当な理由・裏付けが取れていることが多い

 

あくまでも押しが強い理由は正しいもしくは理に叶っているからであり、駄々をこねているわけではないということ

 

そのため理由を聞かれればしっかりと答えられるし、相手を説得することも比較的得意な方だと思う

 

 

多弁で理屈っぽいけど言っていることが全部正しいと感じる話相手がいるならその人はENTPの可能性が高いのではないだろうか(人によってはいけ好かないと感じる人も多いのだとか)

 

自分に自信があるせいか自営業の割合が全型中最も高い

 

時としてENTPは配慮がない・デリカシーのない無神経な人という風に誤解されることも少なくない

 

本人に悪気がなかったとしてもENTPの態度はこのように人から見られやすいのだろうか

 

人によってはこんなENTPが感じ悪く見えるかもしれないけど、今でも自分の事を一番だと思いながら生きている

 

多才すぎて中途半端になってしまう

ENTPは様々な分野に興味を持ち多才な人が多い

 

様々な特技や趣味を持ちながらも、かといってこの趣味がないと生きていけない!のような人生をかけて大事にしたい限られた趣味や特技は案外ないかもしれない

 

ある一定のレベルまで到達するスピードは群を抜いて速いが、それ以降は途端に興味をなくし他の分野に目を向けてしまう

 

ある意味この何でも器用に上手く出来ちゃう所はENTPの自分に対する不動の自信に繋がっているのかもしれない

 

 

始まる事は容易くても終わらせることは困難

ENTPは挑戦好きな所があって運動・旅行・勉強のような各種体験をすることに躊躇せず、行動力もある

 

やってみたいことが多いというのは周りのENTPの友人をみてもそう

 

いつの間にかやりたいことが増えた!ような感じで、今やってみたいことは北欧ヨーロッパを旅する事・カメラの勉強をする事・ドラムを習う事・基本情報技術者試験に合格する事・スペイン語を勉強する事・海に行く事など、とにかくやりたいことが多すぎてどれから手をつければいいかわからない状態になってしまうことがよくある

 

しかしこのような好奇心の幅の広さは立派な長所として役立つことが多いので、これからも大事にしていきたい

 

根拠のない自信がある


なぜか知らないけど自分は絶対成功するという謎の自信がある

 

これは最初のプライド・自己肯定感不動の1位と通じる所があるけど、本人の未来に対して空想することが多い

 

まず、未来が不確かな今現在においても将来絶対成功すると思う

 

空想や妄想が多いことは、それだけ斬新な考え方が出来ることを意味すると考えている

 

 

飽き性

先ほどの多才すぎて中途半端になってしまうと繋がっていてこれは、経済的な面を大変不利に作用する

 

熱くなればなるほど冷めるスピードもなぜか速くなるため、家には使わなくなった昔の趣味の残骸が散らかっている

 

短期間に情熱を燃やし、ゆっくりと何かを始める前に計画して慎重に物事を進めることは少ないかもしれない

 

ENTPはキャラが濃い(?)

ENTPはグループに一人いれば十分だと思う

 

ENTPが二人いればその組織は崩壊するのではないかと思うくらいキャラが濃い人が多い

 

人と縁を切ること自体に大きな抵抗がないと思いきや、2年前に連絡が途切れた友人にポチッと先に連絡することもある

 

ENTPには一人の時間が必要

E(外向)で外向的なはずなのに、なぜか自分の外向性について疑問を持つことが度々ある

 

INTPとENTPを見分ける簡単な方法は、INTPは自分の内向性を疑わない所にある

 

友達と遊ぶのも好きだし、家の中でゴロゴロするのも好きだけど~のような内向性と外向性を両方におわせるような発言はINTPはしない(INTPは自分が内向of内向という自覚がある場合が多い)

 

また我が道を行くことに関してENTPは天性の才能があるのではないかと思うくらい周りの人の意見や雑音は気にしない

 

独立的な人にも関わらず社会的な交流が好きな部類はおそらくENTPくらいではないだろうか

 

 

ルールに縛られるのは御免だ

他の人が定めたルールに従うのはまっぴらごめんだ

 

そんな自分にとって校則が厳しい学生生活は正に地獄だった

 

勿論なんとかなるさという謎のスタンスでそれなりに順応したものの、再び学校生活に戻れと言われたら断固として拒絶する

 

ルールには実に無意味な事が多く、辟易している

 

自分を取り繕うことが無い

ENTPは人によって態度を変えない

 

感情が顔に出やすいし、なぜ感情を隠さないといけないのかさえ思う

 

社会生活を営む上では大変なデメリットのように思えるが、やはり言いたいことは言いながら生きていたい

 

そのためENTPはINTPと同じく変わった人に見られやすいのかもしれない