ISTPあるある31連発+ISTPの特徴及び適職とは?

 

 

ISTPの特徴とは?

ISTPは手先が器用な人が多く、個人主義的な傾向が強いです(自分と人の線引きが明確)

 

型にハマった生活スタイルを好まない冒険家的な側面があります。ISTPは寡黙で感情を表現することが苦手です

 

そのため自分の感情を出すことも少なく、人の感情を読み取ることも苦手です

 

しかし先ほどの手先の器用さを活かし道具や機械を修理したり改良したりすることや、楽器を扱うことが得意なことが多くそのような仕事に従事することも多いです

 

好き嫌いが明確なのもISTPの特徴であり、一つの分野に没頭する趣味を持つことが多く、その分野においては専門家並みの知識量を誇ることも少なくありません

 

 

しかし自分の興味のある分野以外ではとことん無関心を貫くため、知識にバラつきがあります

 

人に頼ることが苦手ですが、その分自力で何でも解決してしまう逞しさがあります

 

ISTPは特定の人に執着したり、態度を変えることもありません。うわさ話や悪口に興味がないのも、そもそも人に興味がないからかもしれません

 

そのため人によって感情の起伏が小さい無味乾燥な人のように映ることもあります

 

勿論友達になれば、様々な感情を見せてくれることもありますが、基本的には一人で出来る趣味に没頭している時に幸せを感じます

 

自分の話を積極的にする方ではなく、新しい出会いの場などで比較的初めて見る人と話すことも苦手です

 

 

ISTPの適職は?

ズバリ職人・軍人・警察・アスリートです

 

職人と言えばかなり幅が広いですが具体的な例を挙げると車の修理屋のような体を動かしながら一つの仕事に没頭出来る業務内容の仕事がISTPには合っています

 

またストイックで細かいことを気にしないことからアスリートとして大成する人も少なくありません(フィギュアスケートで有名なキム・ヨナはISTP推定)

 

ISTPのあるある

・普段は静かなものの、意見を聞かれると即座に答える事が出来る
・手先が器用で、職人のような精神を持っている
・極端な個人主義・独立的な性格
・偶発的な衝動によって行動する
・頑固で自分の意見は曲げない
・口数が少なく表情があまり変わらない
・精密な作業や機械をイジることが好き
・3行以上の文を読むことが苦手
・スリルと冒険を楽しむ
・普段は省エネだが、いざというときは大胆

 

 

・行動に移す前にざっくばらんに考える
・テスト前はいつも徹夜
・泣くことが少ない
・何かにハマれば飽きずに長く続ける
・辛い状況にも淡々と臨機応変に対処できる
・人に干渉しない
・人に干渉されることが嫌い
・あれこれ指図するよりは、静かに観察
・共感能力が低い
・掃除は嫌い

 

・マルチタスク苦手
・効率をかなり気にする
・話すことがないという理由で既読無視
・お世辞が言えない
・人の顔色を伺わない
・感情を表現することが苦手
・雑談がめんどくさい
・一人で楽しめる趣味が好き
・公私混同しない
・言い方がストレートを通り越したツーシーム
・初印象は冷たい人